閉じる

注文住宅で失敗しないために押さえておくべきポイント


収納はなるべく多めに確保しよう

注文住宅を建てるという経験は、誰もがそう多くするものではないだけに、どうしても手探り状態で進めることになりがちです。そのような中で、少しでも暮らしやすい家を建てるために押さえるべきポイントは多岐にわたるのですが、特に意識しておきたいのがなるべく収納を多めに確保するということです。というのも、家を建てる時点ではこれくらいの収納力があれば十分であると感じていたとしても、後から家族が増えたりしてキャパシティが足りなくなるというケースは珍しくないのです。後から収納を増やすのは大変ですし、多めに作って使わない場合には他の用途で使用することも可能ですので、間取りに余裕があるのであれば、その分を収納スペースにするように心がけるとよいでしょう。

採光を意識して明るい家にしよう

家造りを行うにあたっては、室内の採光も意識しておきたいポイントです。特に都会で家を建てる場合には、燐家との距離が近いため、十分な採光を確保するのが意外に難しいというケースは珍しくありません。室内が暗いと住んでいて気分が沈みがちになってしまいますし、カビが生えやすくなったりして衛生上も望ましくありません。そのため、横窓から光を取り込むことが難しいようであれば、例えばトップライトの設置を検討してみるなどより効率的に採光するために工夫する必要があります。自分だけで検討するのは限界があるはずですので、なるべく明るい家にしたいという希望をハウスメーカーの担当者に伝えて、設計時の希望条件に盛り込んでもらうようにするとよいでしょう。

埼玉県は首都圏に近く通勤に便利なため、転入者が多く人気のある地域です。埼玉の注文住宅の特徴は東京に比べて地価が安価なため、建設コストを抑えることができることです。