閉じる

知っておきたい!狭小住宅のメリットとデメリット


土地の購入費用や税金を安く抑えられるのが魅力

狭小住宅が持つもっとも大きなメリットは、費用を安く抑えることができる、という点にあるでしょう。利便性の高い場所に家を建てようとすると、どうしても土地の購入費用が高くなってしまいます。また駅前など人気の高いエリアの場合、売り出されている土地のサイズそのものが狭い、ということもあるでしょう。限られた土地を活用して建築する狭小住宅なら、費用を節約しつつ利便性の良い地域に家を持つことができます。また固定資産税や都市計画税についても、安く済ませることが可能です。

メンテナンスにかかる費用も節約できる

家を建てる際には、その後に必要となってくるメンテナンス費用についても考えておきたいものです。家を長持ちさせるためには、一定期間ごとに外壁などのメンテナンスを行なっていく必要があります。狭小住宅なら、外壁塗装といったメンテナンスにかかる費用もある程度節約することができるでしょう。

建築費は高くなりやすい

土地購入費や税金などを安く済ませられる狭小住宅ですが、間取りに工夫をしないと狭く感じやすい、というデメリット面も持っています。住まいの快適さを向上させるためには、限られた面積を有効活用する必要があるのです。生活動線やライフスタイルなどを踏まえ、しっかりと工夫をして間取りを決定すれば、狭くても快適に暮らせる住まいを実現できるでしょう。ただし通常よりも手がこんだ作りになりやすいため、建築費用については、やや高くなりがちです。狭小住宅を建てる際には、様々な面からコストを考えていく必要があります。

狭小住宅とは、一般的に15坪以下の限られた土地に建築された住宅です。間取りや採光の取り方など生活する家庭それぞれに合わせた工夫をすることで、狭くても過ごしやすい住宅を建てることができます。