閉じる

賃貸の部屋の契約時にかかる初期費用とは!?


色んな初期費用がかかることを知っておこう

賃貸の部屋を契約するときは、毎月の家賃以外にさまざまな初期費用がかかります。敷金や礼金、仲介手数料や前家賃、保険料などの初期費用をまとめて支払いをする必要があります。部屋を選ぶときは、毎月の家賃だけではなく、初期費用のことも考慮しておくとよいでしょう。

賃貸の部屋はどんな初期費用がかかるの?

敷金というのは、家賃の滞納や退去時の部屋の修繕費などの費用が必要になったときのために、家主に預けておくお金のことをいいます。敷金は退去時に返還してもらえることになっていて、部屋の修理が必要であった場合は、敷金から修繕費を引いたお金が戻ってきます。礼金は入居の際に家主に支払うもので、退去時にお金は戻りません。敷金と礼金の相場は、1ヶ月から3ヶ月程度になります。仲介手数料とは、部屋を紹介してもらった不動産会社へ支払う手数料で、家賃1ヶ月分くらいの相場になります。前家賃というのは、入居日から1ヶ月分の家賃を前払いする費用のことです。また、賃貸の部屋によって火災保険料や家財保険料の加入が必要な物件も存在します。また、敷金や礼金が要らない賃貸物件もあります。初期費用が心配な人は、そういった負担が少ない部屋を選ぶとよいです。

値引き交渉をすることもできる!

新しい住まいに引越しするときは、部屋の初期費用の他にも、引越し費用や生活用品を買い揃えたりと、さまざまなお金が必要になります。良い部屋が見つかっても、初期費用の負担が大きく感じることもあるでしょう。そんなときは、値引き交渉をするという手段もあります。不動産会社の担当者に初期費用について相談してみるとよいです。家主さんに敷金や礼金の値引き交渉をしたら、初期費用を減らしてくれる場合もあります。

江別の賃貸物件から札幌市街までは、車や電車を利用し、30分程で到着することができます。車での移動は、高速道路を使わずとも一般道の使用でも同じぐらいの所要時間です。