閉じる

賃貸住宅の選び方で考えておきたいことは何か知っておこう


水回りをよく気にしておこう

住宅には必ず水回りがありますが、賃貸住宅を選ぶならばその水回りをよく確認しておく必要があります。古い住宅になると、借りる前には気がつきませんがしばらく使っていると水漏れが発生することも考えられます。水漏れの原因が自分自身でなければ修理をしてもらうことも可能ですが、修理に時間がかかる場合には多少やっかいなことになります。また、ユニットバスと給湯器がはなれている場合には、お湯のボタンを押してもすぐに給湯器からお湯が配給されない可能性もあるでしょう。特に冬場は、お湯が出るまで待っていると風邪をひいてしまう可能性があります。ひどい場合には1分ぐらい時間がかかることもあります。可能な限りユニットバスと給湯器が近い物件を選ぶことが大事です。

トイレの場所も意識しておこう

賃貸住宅の多くはトイレを玄関の近くに設置している傾向にあります。わざわざ玄関の近くに設置する理由は、においの問題が考えられるからです。リビングの中にトイレがあるとすれば、においの問題が発生し家族に不快な思いをさせる可能性があるでしょう。一人暮らしの場合でも、来客がいる場合不快な思いをさせてしまうかもしれません。においの問題だけでなく音の問題も考えておかなければいけません。そのように考えれば、可能な限りリビングや寝室から離れた所にトイレがある方がよいです。洗面所やユニットバスも、夜中寝ているとき家族の誰かが利用し、水の音がすると眠れなくなってしまう可能性があるため、寝室から少し離れた所に洗面所が設置してある賃貸住宅の方がよいといえます。

釧路の賃貸は雪が多い地域です。公共交通機関が充実しているかを確認することが肝要です。スタッフによく確認することがポイントとなります。