閉じる

家族構成によって違う!?賃貸住宅における住環境の選び方とは


単身者の場合の住環境

単身者の場合、体調が悪くても、全てを一人で行わなければなりません。そのため、できるだけ病院やドラッグストア、スーパーマーケットやコンビニなどが近くに揃っている環境を探すようにしましょう。日中は仕事などでほとんど家にいないことが多いため、昼間よりも夜間の安全性や騒音などに注意して賃貸物件を選ぶと、帰宅後も快適に過ごすことができるでしょう。

ディンクスの場合の住環境

子どものいない夫婦のみの場合、お互いのライフスタイルが尊重できるような住環境を選ぶようにしましょう。例えば、ジョギングやジム通いが趣味の場合は、快適なランニングコースが確保できるような住環境や、近くにジムがあるようなところを選ぶようにします。夫婦で外食することが共通の趣味となっている場合は、近くに美味しい飲食店が多いようなところを選ぶとよいでしょう。

子どもがいる場合の住環境

小さな子どもがいる場合は、近くに公園や小児科、スーパーなどがある住環境を選ぶようにします。子育て世帯には、落ち着いた雰囲気があるところの方が好まれる傾向があります。車通りが少ないところなど、安全性も選ぶ上で大切な要素になってきます。幼稚園や小学校までの近さや、通学路の安全性についても同様です。高校生くらいの大きな子どもがいる場合は、通学距離が延びてくるため、通学のしやすい場所を選ぶようにしましょう。また、塾や部活動で帰宅時間が遅くなってしまうことも多いため、人通りが少なかったり、暗かったりする道を通らずに安全に帰宅できるかどうかも、あらかじめシミレーションしておくことが大切です。

市内の中心部へ出かけやすい札幌東区の賃貸物件の周辺には、地域のランドマークとして知られる区内唯一の人口の山があります。冬にはスキーなどを楽しむことも可能です。