閉じる

北海道の賃貸物件はどんな感じ?賃料相場などを紹介


アパートやマンションが一般的

北海道で住むにあたり、まずは賃貸住宅を借りることで、北海道の暮らしに慣れるケースがほとんどです。北海道の場合、賃貸住宅といえばアパートやマンションが一般的であり、賃貸の一戸建て住宅はかなり少数派です。そのため、北海道で賃貸住宅を借りるときに、あまり悩むことは少ないです。

札幌の賃貸物件の相場はどの位か

ところで、北海道の賃貸物件を借りるときに気になるのが賃料の相場です。北海道で最も不動産価格が高い札幌市であっても、1DKクラスのアパートで5万円前後の物件を探すことは、あまり難しくないといわれています。一方で2DKクラスとなると、7万円くらいが目安です。ただし一口に札幌市内といっても、場所によって家賃相場は変わってくることは知っておくと良いです。札幌市内中心部では、地下鉄駅周辺の賃貸物件は人気が高く家賃も高めになっています。これは降雪が多い北海道の冬の交通事情を考えると、地下鉄の方が好まれるからです。それでも、東京のような大都市の賃貸物件における家賃相場に比べれば安いといわれています。個々の物件に関しては、不動産会社のサイトにアクセスして検索すると、おおよその相場を把握できます。

札幌以外の地方都市の場合

ところで札幌以外の地方都市にも賃貸物件はありますが、その数は札幌よりもかなり少なくなっています。何故なら、札幌以外の地方都市は外部からやって来る若年層が少ないからです。賃貸物件も古くて安いアパートか、或いは最近できたマンションが多いといわれています。そのため、時間をかけて手ごろな物件を探す必要があります。

北見の賃貸では、庭に比較的大きな倉庫やガレージなどがあることが一般的です。理由は、スキーなどの冬のスポーツが盛んな地域なので用品を収納するためです。