閉じる

初めての注文住宅!後悔しないためにやっておくと良いポイントとは?


必ず模型を作ってもらうようにしましょう

注文住宅の良い点は、すべてを自分たちの好きなように建てることができることです。ただ注文住宅の場合、展示会などがないため、完成するまではどのようなものができるかわからないのが難点です。そこで工務店や設計士さんにお願いして、完成した家屋の模型を作ってもらいましょう。そして太陽の代わりに懐中電灯で模型を照らしてみると、日当たりをチェックできます。また設計図では気がつかなくても、立体になると不便な箇所に気がつくことがあるのでお勧めです。それから模型の縮小サイズに合わせて、人形を一体作ってもらうか、自身で用意しても構いません。これがあると実際に生活する場合はどうなるかをイメージしやすいです。廊下の幅や導線を確認しておきましょう。

土地は設計士さんか工務店と一緒に

意外と多いのが土地を先に買ってから、設計士さんや工務店を探すというパターンです。決して駄目ではないですし、建て替えの場合は仕方がありません。ただ可能であれば設計士さんか、工務店のスタッフに付き添ってもらい、土地を探すのが理想的です。注文住宅の場合、たいていのところではお願いすると土地探しを一緒にやってくれます。そしてメリットは、周りの環境を見ながら、建てる家を考えてもらうことができる点です。するとせっかく大きな窓があるのに、お隣さんの家の壁しか見えない、といった失敗を避けられます。加えてこの土地は頑丈な地盤である、または災害に強い場所かなど、いろいろとアドバイスをもらえる可能性が高いです。

二世帯住宅とは、親世帯と子供世帯が一緒の空間で暮らす住宅です。完全同居型や部分共用型、完全分離型があり、生活する時間帯や人数などによりそれぞれの家族に合った形が選べます。